ドゥビンシキー議員、与党「人民奉仕者党」から除名

ドゥビンシキー議員、与党「人民奉仕者党」から除名

ウクルインフォルム
オレクサンドル・ドゥビンシキー最高会議議員は、党綱領への違反により、大統領系与党「人民奉仕者党」から除名された。

15日、人民奉仕者党広報室が発表した

発表には、「オレクサンドル・ドゥビンシキー最高会議議員は、綱領違反と党指導機関への不服従により、人民奉仕者党党員から除名された」と書かれている。

同党は、今回の除名の経緯として、まず3月14日に人民奉仕者党キーウ(キエフ)州組織の会合が開催され、同党の同州代表に、ドゥビンシキー議員に代わり、アンドリー・モトヴィロヴェツ最高会議議員が新たに選ばれたことを伝えた。

他方、同日、ドゥビンシキー議員は、ビデオメッセージにて、別途同党キーウ州組織の何らかの「会議」なるものが「開催」され、そこで自身が同党同州代表に「再選」されたなどと発表していた。

これにつき、人民奉仕者党は、ドゥビンシキー議員の行動は同党綱領の複数条項に著しく違反する行為であると説明した。

なお、これに先立ち3月13日、人民奉仕者党は第11回党大会を開催し、新しい党綱領を採択した他、党幹部の刷新を行なっていた。

ドゥビンシキー議員は、ウクライナの大富豪(オリガルヒ)イーホル・コロモイシキー氏に近いとされる。2021年1月11日、米国は、ドゥビンシキー議員を含め、ロシアの偽情報キャンペーンへの参加や米大統領選挙介入の疑惑のかかっているウクライナの個人・法人への制裁発動を発表している

2月1日、最高会議与党会派「人民奉仕者党」は、会合時に議員の投票により、米国の制裁対象となったオレクサンドル・ドゥビンシキー議員を会派から除名することを決定している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-