ウクライナはパリ4国首脳会合の条件を全て履行した=大統領報道官

ウクライナはパリ4国首脳会合の条件を全て履行した=大統領報道官

ウクルインフォルム
2019年12月9日のパリにおけるノルマンディ4国(独仏宇露)首脳会合から1年が経過する。ウクライナ大統領府は、同会合にて定められた全ての条件を履行したと主張している。

8日、ゼレンシキー大統領の報道官であるユリヤ・メンデリ氏がウクルインフォルムにコメントした。

メンデリ氏は、「総じてこの1年、ウクライナは、2019年12月9日のノルマンディ・フォーマット会談で定められた条件を全て履行した。より早く、より多くのことができたのではないかとの問いについては、もし状況がウクライナにのみ左右されていたのであれば、もちろんより多く、早くできたであろう。ただし、ロシアがノルマンディ・フォーマット参加を拒否しているという報道に見られる噂があるが、実際には12月7日、ウラジーミル・プーチン・ロシア大統領とアンゲラ・メルケル独首相の電話会談の際、ロシアは、ノルマンディ・フォーマットでの活動を継続する準備があると認めている」と発言した。

メンデリ氏はまた、同電話会談の結果を参照して、ロシア側が「欧州安全保障協力機構(OSCE)ミンスクグループの枠内での更なる協力の準備がある」と述べていると指摘し、それはウクライナ東部への平和確立に向け、一定の確信と希望をもたらすものだとの見方を示した。

同時にメンデリ氏は、過去1年間で達成した成果として、ドンバス地方一部地域、ロシア連邦領内、クリミアで違法に拘束されていた人物約200人がウクライナへ帰還したことを喚起した。

続けて同氏は、7月27日に発効した停戦は、完全に遵守されているわけではないものの、何百という軍人・民間人の命を守っていると強調した。同氏は、「2020年7月27日からの今日までの期間は、過去7年間のドンバス戦争の他の帰還とは比べ得ない。今ある戦闘集中度の低減、接近した前線でのこのような静寂は、いまだかつてなかったものだ」と指摘した。

加えて同氏は、パリ合意の後にルハンシク州スタニツャ・ルハンシカの橋が改修されたこと、兵力・機器の新たな引き離し地点が作り出されていること、人道的地雷除去の地点が定められたこと、現存する通過検問地点の改修が行われ、またルハンシク州にて新しい検問地点が作られ、それらにサービスセンターが設置されたことを指摘した。

同氏は、「ウクライナは、被占領下の自国民のためのあらゆる社会パッケージを維持し、保障しているのであり、彼らは政府管理地域にて全ての必要な社会サービスと国家の義務を受け取ることができる(具体的には、年金、その他支払い、文書関連などだ)」と説明した。

なお、2019年12月9日、パリにて、ウクライナ、フランス、ドイツ、ロシアの4国からなるノルマンディ・フォーマット首脳会談が開催され、複数の問題につき合意に至っていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-