国会、不適切な資産申告の再刑罰化を決定

国会、不適切な資産申告の再刑罰化を決定

ウクルインフォルム
最高会議(国会)は4日、誤った情報にて資産申告を提出した場合と資産申告不提出場合の刑事罰を再生する法案を採択した。

最高会議議員289名が関連法案を採択した(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

今回の法案は、電子資産申告提出義務の対象となっている公務員が誤った情報で申告をした場合と申告をしなかった場合の刑罰を再開するため、複数法律を改正するもの。

意図的に資産を申告しなかった場合、並びに、意図的に誤った資産申告を行った場合の額が指定額(現時点では130万フリヴニャから900万フリヴニャ)内の場合の罰則は、2500〜3000非課税最低所得単位(現時点では4万2500フリヴニャから5万1000フリヴニャ)の罰金、あるいは、150〜240時間の市民活動従事と特定の職へ従事する/特定の活動を行う権利の最大3年間の剥奪となる。

誤った資産申告の額が指定額を超えた場合(現時点では900万フリヴニャ以上)の罰則は、3000〜5000非課税最低所得単位(現時点では5万1000フリヴニャから8万5000フリヴニャの罰金、あるいは、150〜240時間の市民活動従事、あるいは、2年間の自由の制限(拘束、軟禁など)と特定の職へ従事する/特定の活動を行う権利の最大3年間の剥奪となる。

当該刑法典を根拠にした捜査は、国家汚職対策局(NABU)捜査官が行い、裁判は高等反汚職裁板書の管轄となると定められている。

なお、ウクライナの憲法裁判所は10月28日、誤った資産申告の責任を定める刑法典366−1条と汚職防止法の複数条項を違憲とする判決文を公開。これを受け、国家汚職防止庁(NAPC)は、オンラインで公開されていた政権高官資産公開サイトへのアクセスを遮断した。電子資産申告は、欧州連合(EU)がウクライナ国民への査証免除付与の条件にするなど、2014年以降の汚職対策改革の主要な成果の一つとみなされていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-