「クリミア首脳会談の目的はロシアへの国際圧力を強めること」=外務次官

「クリミア首脳会談の目的はロシアへの国際圧力を強めること」=外務次官

ウクルインフォルム
ウクライナが「クリミア・プラットフォーム」において、来年キーウにて開催することを計画している「クリミア首脳会談」の主な目的は、クリミアを占領しているロシアへの国際圧力を強化することにある。

20日、エミネ・ジャパロヴァ外務第一次官がアトランティック・カウンシルの主催するオンライン議論の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ジャパロヴァ氏は、「ウクライナを支持すると決めた国々がクリミア・プラットフォームに加わっており、彼らはキーウ(キエフ)を訪問し、宣言を採択する。同宣言は、不承認政策、制裁政策、クリミアを巡る私たちの闘いの外交・政治枠組みといった基本的項目からなるものだ。つまり、経済的、司法的、政治的な国際的圧力に関するものとなる」と指摘した。

ジャパロヴァ氏は、「現在私たちは、首脳会談の開催日、開催手段について作業をしている。コロナウイルスが追加的障害を生み出しているからだ」と指摘しつつ、同首脳会談はキーウにて物理的出席での開催を予定していると補足した。

なお、これに先立ち、ウクライナ外務省は9月末、「クリミア・プラットフォーム」の一環で、キーウにてクリミア首脳会談を開催するとの予定を発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-