ルカシェンコ・ベラルーシ大統領、同国情勢にウクライナなど外国から「干渉がある」と再び発言

ルカシェンコ・ベラルーシ大統領、同国情勢にウクライナなど外国から「干渉がある」と再び発言

ウクルインフォルム
ベラルーシのルカシェンコ大統領は、同国の情勢には外国から干渉があり、抗議運動のコントロールも外国から行われていると発言した。

3日、ベラルーシの国営ベルタ通信がテレグラム・チャンネルにて報じた

ルカシェンコ氏は、「それ(干渉)は、ポーランド、チェコ、リトアニア、ウクライナから行われており、それが私たちを最も不安にさせている。(中略)私たちは、ベラルーシに対するどんな否定的な動きに対しても対応する。私たちにとって最も重要なことは、ミンスクへの放火はどんなものであれ看過しないことだ。なぜなら、どんな時でも家事は首都で始まり、国全体に広がるものだからだ」と発言した。

なお、同日、ミンスクの独立宮殿にて、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領とロシア連邦のミシュスチン首相の会談が行われた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-