汚職対策局局長を迅速に解任する法的メカニズムはない=与党幹部

汚職対策局局長を迅速に解任する法的メカニズムはない=与党幹部

ウクルインフォルム
政権高官の汚職捜査に特化した機関「国家汚職対策局(NABU)」のアルテム・シートニク局長を迅速に解任する法的メカニズムは現在存在しない。

5日、最高会議(国会)与党会派「人民奉仕者党」のオレクサンドル・コルニイェンコ第一副会派長が、最高会議建物内で記者団に対して発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

コルニイェンコ氏は、「現在、それを迅速に行なう法的メカニズムはない。監査を通じて行なうか、法改正を行なわなければならない。今、あらゆる案が検討され、作業されている」と発言した。

同氏は、最高会議議員たちが署名を集めたシートニクNABU局長への不信任決議案は、法的観点からは適切なものではないが、政治的には存在する権利があると発言した。

同氏は、「昨日、議員たちから、シートニク氏の(NABU活動の)報告に関連して、それ(不信任決議案)の効力に関して質問があった。私は、原則的に、不信任決議の署名集めは、法的には『不明瞭』だが、政治的には存在する権利はあると思っている。見てみようではないか」と発言した。

これに先立ち、2月7日、最高会議には、アルテム・シートニク氏をNABU局長から解任する決議案が登録されていた。同決議案には、216名の最高会議議員が署名している。

2月19日、最高会議治安機関活動委員会は、同決議案を本会議で審議することを勧告している。

他方で、シートニクNABU局長は、最高会議汚職対策関連委員会にて、NABU局長の解任が可能となるのは、監査が否定的な結論を提示した場合のみであり、現在、監査はなく、議員による解任イニシアティブは違法であると説明している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-