対ウクライナ侵略により、ドイツはロシアとの通常のやりとりを行なわない=独大使

対ウクライナ侵略により、ドイツはロシアとの通常のやりとりを行なわない=独大使

ウクルインフォルム
ドイツは、ロシアを無視できないが、クリミア併合・ドンバス侵略により、同国との関係について、通常のやりとり(business as usual)を行なわないなどの、一定のルールを有している。

14日、アンカ・フェルドフゼン駐ウクライナ・ドイツ大使がニュースサイト「フロマツィケ」へのインタビュー時に、記者からの将来の欧州連合(EU)とロシアとの関係に関するドイツのビジョンについての質問に答える形で発言した

大使は、「ロシアは大きな地理上の隣国であり、同国をただ無視することは不可能だ。その点に関しては、私たちはマクロン(仏)大統領に強く同意している。しかしながら、私たちには一定のルールがあり、例えば、クリミア併合とドンバス侵略により、ロシアとの『通常のやりとり』は行なわれない。私たちは、あらゆるレベルでのコンタクトを有し続けるよう努力しているが、国家ハイレベルの訪問は行われない」と発言した。

大使はまた、ドイツはロシアにて、社会・市民レベルの議論を非常に多く実施していると指摘し、「私たちは、ロシアの新しい世代が、欧州とはどのようなものか、どのような長所があるのか、ロシア経済をどのように近代することができるのかについて知って欲しいと思っている。私は、現在ある条件で国が今後生きていけるのか、というのは、ロシアにとって非常に大きな問題であると思っている。そして、私たちは、将来その問題を解決できるような人々とのコンタクトを有していたいのだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-