ミンスク・プロセスに進展がない限り、ロシアはG8に戻れない=マクロン仏大統領

ミンスク・プロセスに進展がない限り、ロシアはG8に戻れない=マクロン仏大統領

ウクルインフォルム
エマニュエル・マクロン仏大統領は、ロシアを含めた「G8」を再開するための根拠は見当たらないと述べた。

マクロン大統領がスイスのRTS局へのインタビュー時に述べた。

現在G7の議長であるマクロン大統領は、「私は、現在ロシアが努力をすべきなのだと思っている。私は、(編集注:ウクライナ情勢解決のための)ミンスク・プロセスに明確で実質的な進展がない限り、G8の回帰はあり得ないと考えている」と強調した。

つまり、マクロン大統領はこの発言により、ウクライナ情勢解決に進展がないことから、本年8月24〜26日にフランスのビアリッツで開催されるG7首脳会談へロシアのプーチン大統領を招待する可能性を排除したことになる。

同時にマクロン大統領は、向こう数週間、ロシアとの戦略的対話のダイナミズムを活性化させ、プーチン露大統領と個人的に同問題を議論する計画であると発言した。

なお、ロシアは、2014年からのウクライナへの軍事侵略、クリミア占領により、G8メンバーから排除されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-