米大使館、ロシアに対し、ウクライナ海軍軍人解放を再度呼びかけ

米大使館、ロシアに対し、ウクライナ海軍軍人解放を再度呼びかけ

ウクルインフォルム
在ウクライナ米国大使館は、ロシアに対して、同国が4か月前にケルチ海峡沖で拘束・だ捕したウクライナ海軍軍人と船舶を速やかに解放・返還するよう改めて呼びかけた。

25日、同大使館のツイッター・アカウントにてメッセージが掲載された。

発表には、「ちょうど4か月前、ウクライナ海軍軍人は、ウクライナの主権と航行の自由の権利を守った。自由、主権、尊厳、これらは尊厳革命(編集注:マイダン革命)を駆り立てた核となる原則であるが、それは陸上同様、海上でも重要なのである」と書かれている。

同大使館はまた、ロシアに対して、拘束されるウクライナ人捕虜の速やかな帰還を呼びかけた。

発表には、「ロシアによるこれら海軍軍人の拘束は、その他の自らの国を防衛した何百というウクライナの英雄の拘束と同様、最低である。私たちは、ロシアに対し、拘束している船員と船舶を速やかに帰還させ、そしてウクライナの主権と領土一体性を尊重することを呼びかける」と書かれている。

本件は、2018年11月25日、クリミア近くのケルチ海峡沖にて、ロシアの国境警備船がウクライナ海軍の船舶を砲撃、だ捕し、船員24名を拘束、うち3名が負傷した事件を指している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-