クリミア「裁判所」、ヒズブット・タフリール裁判の容疑者2名の拘束を継続

クリミア「裁判所」、ヒズブット・タフリール裁判の容疑者2名の拘束を継続

ウクルインフォルム
7日、被占領下クリミアの「最高裁判所」は、いわゆる「ヒズブット・タフリール(イスラム解放党)」案件で拘束されているティムール・イブラヒモフ氏とエルネス・アメトフ氏の逮捕期間を2か月間延長した。

同日、市民団体「クリミアの連帯」が伝えた。

発表には、「公判が終了した。裁判所は、弁護士の要請を満たさず、容疑者に対する判決前予防措置(編集注:逮捕)を変更せず、その期間を2019年4月9日まで延長した」と書かれている。

同団体の発表によれば、公判は非公開であり、両者の親族も傍聴できなかったとのこと。

この「ヒズブット・タフリール裁判」は、クリミアのバフチサライ市にて、ヒズブット・タフリールへの参加の容疑で拘束されたイブラヒモフ、アサノフ、ヴェリャロフ、サリイェフ、ゼキルヤイェフ、アメトフの6名に対する裁判のこと。昨年12月5、6日にこの6名に対して、2019年2月9日までの逮捕期間が延長されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-