独仏首脳、ロシアに対して、ウクライナ海軍軍人の解放を要求

独仏首脳、ロシアに対して、ウクライナ海軍軍人の解放を要求

ウクルインフォルム
ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は、ウクライナ東部ドンバス地方の新年・クリスマス停戦の合意を歓迎するとともに、ロシアに対して、違法に拘束するウクライナ海軍軍人を解放し、ケルチ海峡とアゾフ海の自由な航行を保障するよう呼びかけた。

28日、メルケル独首相とマクロン仏大統領の共同声明を、ベルリンにてウルリケ・デメル・ドイツ政府副報道官がブリーフィング時に発表した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

共同声明には、「私たちは、12月27日に三者コンタクト・グループがウクライナ東部での持続可能で、堅固かつ包括的な停戦を確立することに合意したことを歓迎する。私たちは、関係者に自らの義務と民間人の利益にもとづいた責任を果たすよう呼びかける」と書かれている。

ドイツとフランスは、新年とクリスマスの祝日に際した停戦は、双方にとって、紛争に苦しむ民間人が必要とすることに集中する機会とならなければならないと指摘した。

同時に、両首脳は、被占領下クリミアにおける人権状況と、ケルチ海峡においてロシアが武力行使をした事件、同国がアゾフ海のコントロールを得ようとしている件にも言及した。「私たちは、これらのことを非常に懸念している」と共同声明には書かれている。両首脳は、ロシアに対して、ケルチ海峡を通じた全ての船舶の障害のない安全な航行を保障すること、また同国が違法に拘束したウクライナ海軍軍人の速やかかつ無条件の解放を要求した。「彼らもまた、来たる祝日を自らの家族とともに向かえなければならない」と強調されている。

加えて、両首脳は、ミンスク諸合意の全ての項目の履行が不可欠であることを喚起した。

これまでの報道にあるように、三者コンタクト・グループ(TCG)は、ドンバス地方における12月29日からの停戦開始に合意した。

写真:DPA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-