露裁判所、露国民バホルジン氏に「右派セクター参加」の容疑で3年半の拘禁刑有罪判決

露裁判所、露国民バホルジン氏に「右派セクター参加」の容疑で3年半の拘禁刑有罪判決

ウクルインフォルム
モスクワ市裁判所は、ロシアの活動家であるデニス・バホルジン氏を、過激組織と協力したとして有罪判決を下した。

24日、バホルジン氏の弁護士であるスヴェトラーナ・シドルキナ氏がフェイスブック上で報告した。

シドルキナ氏は、「デニス・バホルジン氏に対し、裁判所は、ロシア連邦刑法典第282.2条第2項を適用して有罪とし、3年半の拘禁刑を言い渡した」と書き込んだ。

なお、バホルジン氏への罪状「裁判所の禁止する過激組織への参加」は、2017年3月10日には言い渡されていた。捜査側は、すでに拘束されている人物の中からバホルジン氏がウクライナの「右派セクター」へ参加していたのを見たとする「目撃者」なる者がいたとして、同氏の有罪を主張したが、一方で、弁護側はこの「目撃」を強く疑問視している。また、ロシアの組織「メモリアル」は、この罪状文書は偽造箇所があるとし、今回の有罪判決に疑問を呈している。

これまでの報道では、2014年、ロシアの対ウクライナ戦争開始時、ロシアの活動家であるデニス・バホルジン氏は、モスクワ市で繰り返し反戦集会に参加していた。ロシアの治安機関は、バホルジン氏を10回以上拘束。その後、バホルジン氏は、ウクライナへ引っ越していた。2017年3月、バホルジン氏は、体調のすぐれない母親のもとを訪れようとロシアに入国し、ブリャンスクでロシアの治安機関職員に拘束された。

バホルジン氏への連帯を示す集会は、ロシア国内のサンクトペテルブルク、モスクワ、ニジニ・ノヴゴロドや、ウクライナのキーウ(キエフ)、リヴィウ、その他ヴィルニュス(リトアニア)、ニューヨーク、パリ、ベルリンで開催されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-