日本政府、被占領地ドンバスの「選挙」を認めないとの声明を発出

日本政府、被占領地ドンバスの「選挙」を認めないとの声明を発出

ウクルインフォルム
日本政府は、11月11日に一時的被占領地域において実施された「選挙」は正当なものとして認められないとの立場を表明した。

13日、在ウクライナ日本国大使館が声明を発出した。

同声明には、「 11月11日に『ドネツク人民共和国』及び『ルハンスク人民共和国』が実施した『選挙』は、ミンスク合意及びウクライナ国内法に基づかないものであり、正当なものとは認められない」と書かれている。

加えて、日本政府は、「ウクライナ情勢の改善には、全ての当事者によるミンスク合意の完全な履行が不可欠であり、一時的被占領地域における選挙は、ミンスク合意及びウクライナの国内法に基づいて実施されるべきである」と主張している。

また、同声明では、あらためて日本の立場として、「ウクライナの主権及び領土一体性を尊重しており、『力による現状変更』の試みを断じて認めない」ことが強調された。

これまでウクルインフォルムが報じたように、11月11日、ロシアはウクライナ領ドネツィク・ルハンシク両州のロシア支配地域で占領政権「地方機関」への偽選挙を組織・実施していた。

アメリカ、欧州連合(EU)、世界のその他の国々は、この「選挙」をその実施直後に非難し、またその「選挙」は正当なものでないと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-