ロシア治安機関、クリミア・タタール人宅を家宅捜索、パソコンや携帯、身分証明書や文書を押収

ロシア治安機関、クリミア・タタール人宅を家宅捜索、パソコンや携帯、身分証明書や文書を押収

ウクルインフォルム
被占領下クリミア半島のキロウスキー地区ジェムチュジナ村において、30日午前3時からクリミア・タタール人のジリャヴェル・ハファロフさん宅に家宅捜索が入り、その後同氏は治安機関に連行された。

30日、市民団体「クリミアの連帯」が報告した。

同報告には、「ロシア連邦保安庁(FSB)が家宅捜索を実行。拘束されたジリャヴェル・ハファロフの父の言葉では、家宅捜索は深夜3時近くに開始されたとのこと。ジリャヴェル・ハファロフは治安機関により連行され、おそらく、シンフェローポリ市の独房に入れられている。ジリャヴェルの親族が彼を追って出発した」とある。

治安機関の発表では、彼らは武器を探していたとのことだが、押収物リストの中に武器は入っておらず、ノートパソコン、携帯電話、文書、ウクライナ国籍とロシア国籍の身分証明書が押収されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-