OSCE、クチマ元大統領の三者コンタクト・グループ辞任が協議に影響を及ぼさないことを期待

OSCE、クチマ元大統領の三者コンタクト・グループ辞任が協議に影響を及ぼさないことを期待

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドンバス地方の情勢解決を担う三者コンタクト・グループ(TCG)の、マーティン・サイディック欧州安全保障協力機構(OSCE)特別代表は、2日のTCG会合の総括の中、クチマTCGウクライナ代表(元大統領)の後任は現時点で未定であると述べた。

2日、ベラルーシのBELTA通信が報じた(編集注:三者コンタクト・グループ(TCG)とは、ウクライナ・OSCE・ロシアの三者からなるグループ。まミンスクの会合には、武装集団「DPR」と「LPR」からの代表者も出席しており、クチマ元大統領を含めた三者の代表者と武装集団代表者がミンスク諸合意に署名している。)。

サイディックOSCE特別代表は、「彼(クチマ元大統領)と作業することは、私たち皆にとって、大きな光栄であったし、大きな満足を与えるものでした。TCG全ての参加者を代表しつつ、また個人的にも、レオニード・クチマ氏の私たちの作業への甚大な貢献につき、心からの感謝を伝えたいです。私は、個人的に、この勇敢かつ自国に献身する政治家から、多くのことを学びました」と発言した。

そして、サイディック特別代表は、TCG作業は継続しており、次回会合は10月16日であると述べた。

クチマ元ウクライナ代表の代わりが誰になるのかとの質問に対して、サイディック特別代表は、「本日、公式にはその話はありませんでした」と答えた。

また、同特別代表は、ウクライナ代表の交代が協議に影響を及ぼすべきではなく、次の会合には、誰かがウクライナ代表団の代表として出席すべきだと考えていることを述べた。また、サイディック特別代表は、レオニード・クチマ氏にはいつもルスラン・デムチェンコ氏(編集注:ウクライナ大統領補佐官)が同行していたと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-