露軍攻撃によりウクライナの電力不足が拡大 復旧時期不明=電力会社

露軍攻撃によりウクライナの電力不足が拡大 復旧時期不明=電力会社

ウクルインフォルム
14日にロシア軍による大規模なミサイル攻撃を受けたウクライナでは、攻撃被害による電力不足が拡大している。

15日、電力会社「ヤスノ」のコヴァレンコ総裁がフェイスブック・アカウントで伝えた

コヴァレンコ氏は、「攻撃後の電力システムの発電不足は甚大である。いくつかの火力発電所は、深刻な損傷から稼働していない。復旧時期を予想するのはまだ時期尚早だ。修理にどれだけ時間がかかるかは、今のところ分からない」と発言した。

同氏はまた、問題は相当深刻となっており、電力会社「ウクルエネルホ」社はキーウ市をはじめ、ウクライナ全土で著しい電力消費制限を導入したと伝えた。

そして同氏は、「分散システムの運営者は、システムの状態を悪化させないために、この制限を守らねばならない。そのため、緊急遮断が導入される可能性がある。また、重要インフラは送電されねばならない」と説明した。

さらに同氏は、インフラの破壊は激しいとし、「全ての電力事業者が復旧のために作業をしているが、しかし、私たちには、停電が長くなる可能性に向けた備えが必要だ」と発言した。

なお、これに先立ち、14日、ロシア軍は、ウクライナ各地に12回目となる大規模ミサイル攻撃を実施していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-