ウクライナの3原発の稼働再開

ウクライナの3原発の稼働再開

ウクルインフォルム
ウクライナの電力会社「ウクルエネルホ」は25日、前日外部電源を喪失していたウクライナの非被占領地域(政府管理地域)にある全ての原子力発電所がすでに電力システムに繋がれ、送電が再開されたと発表した。同時に、これら原発も、1、2日後には緊急停電から計画停電に切り替えられる可能性があると指摘した。

ウクルエネルホ社のクドリツィキー理事長がテレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムが伝える。

クドリツィキー氏は、「現在、電力システムは完全に統合されており、全州が送電されている。システムは、欧州連合(EU)の電力システムともまた繋がっている。(中略)非被占領下にある全ての3つの原子力発電所は稼働している。(中略)それら原発は1、2日後には、通常の計画上の能力に達し、消費者(への電力供給)を緊急の予定から計画された予定に切り替えることができるようになると期待している」と発言した。

同氏はまた、11月23日に受けた攻撃により、ウクライナは種々の発電所(原子力、火力、水力)の発電部のかなりの割合を喪失したと指摘した。

さらに同氏は、電力事業者はロシアの攻撃がさらに行われた場合にも電力システムを復旧させる準備があるが、他方で、消費者は省エネをしなければならないと強調した。また同氏は、ウクライナは、国際パートナーから機材や物資の支援を受け取っており、また修理作業を行うための財政的支援も受けていると伝えた。

その他同氏は、EU側から電力を最大500MWの量で商業的輸入を行うことも可能だと伝えた。同時に、「ただその輸入を確保する特別メカニズムが必要だ。なぜなら、欧州の電力価格は(ウクライナより)高いからだ」と発言した。

同日、ロシア軍が再びウクライナ各地の電力インフラを攻撃しており、結果全土でウクライナの民間人が6名死亡、36名負傷した他、キーウを含め、ウクライナ各地で電力や水の供給が止まっていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-