マリウポリ市長、欧州復興開発銀行と同市再生に向けた覚書に署名

マリウポリ市長、欧州復興開発銀行と同市再生に向けた覚書に署名

写真
ウクルインフォルム
ロシアによる占領の続くウクライナ東部マリウポリのボイチェンコ市長は18日、欧州復興開発銀行(EBRD)との間で同市再生に向けた協力覚書に署名したと発表した。

マリウポリ市議会がテレグラム・チャンネルで伝えた

発表には、「ボイチェンコ・マリウポリ市長は、EBRDとの間の協力覚書に署名した。市は、マリウポリ復興大計画『マリウポリ再生』の策定のために、強力な国際パートナーを積極的に関与させている」と書かれている。

また市議会は、本件は第二次世界大戦以降の破壊された都市の復興イニシアティブとして世界最大のものだと指摘した。EBRDは、同市の生活を迅速かつ効率的に取り戻すべく計画策定で協力していくという。

ボイチェンコ市長は、キリレンコ・ドネツィク州軍行政府の指示により、マリウポリの脱占領前の現時点ですでに同市再生計画の策定は始まっていると発言した。

同氏はまた、「これはウクライナと欧州の現代史の新たな1章である。非情な戦争のシンボルとなった同市は、ウクライナ再生のシンボルとなる。EBRDとの署名は、この道における重要な段階だ」と強調した。

市議会はさらに、この「マリウポリ再生」イニシアティブは、すでに国際パートナーやウクライナ国内企業、国、その他の町が支持しているとし、EBRDの他にも、世銀や米国国際開発庁(USAID)が支持していると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-