クレーバ宇外相、ロシアで事業を継続する企業につき「戦争犯罪への資金供与だ」

クレーバ宇外相、ロシアで事業を継続する企業につき「戦争犯罪への資金供与だ」

ウクルインフォルム
ウクライナのクレーバ外相は7日、ロシアで事業を続ける外国企業は同国の戦争犯罪に資金供与をしていることになるとし、これらの企業をボイコットするよう改めて呼びかけた。

ウクライナ外務省がツイッター・アカウントでクレーバ外相の呼びかけを伝えた

クレーバ氏は、「ロシアにて事業を続けている国際企業は、ロシアの戦争犯罪とウクライナ人へのジェノサイドに直接資金供与をし続けている。私は、それら企業の顧客とパートナーたちに対して、彼らが血塗られた利益をあげるのをやめ、ロシアを撤退するまでは、それら企業をボイコットするよう改めて呼びかける」と伝えた。

なお、ロシアでの事業を行っていた、日本企業含む外国企業の2月24日以降の対応(事業継続、一時停止、市場から撤退)は、企業の同行・決定を取りまとめた「リーヴ・ロシア」やイェール大学の特設ウェブサイトで確認できる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-