被占領下ウクライナ南部住民、ロシア通貨の使用を敬遠

被占領下ウクライナ南部住民、ロシア通貨の使用を敬遠

ウクルインフォルム
ロシア軍により一時的被占領下にあるウクライナ南部のヘルソン州・ザポリッジャ州一部地域の住民たちは、流通していたロシア通貨ルーブルを敬遠し始めている。

23日、ザポリッジャ州メリトポリのフェドロウ市長がテレビ番組出演時に発言した

フェドロウ氏は、「被占領地の露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)たちは、世界で誰にも必要とされていない通貨のレートを人工的に高めていた。しかし、現在すでに、ヘルソン州の脱占領と、それに続くメリトポリ地方の脱占領が不可欠であることは皆が理解している。そのため、レートが急激に変化している。ヘルソン市では、すでに5ルーブルが1フリヴニャであり、ガソリスタンドでは、ロシアの通貨は全く受け取らなくなっている。そのような傾向はメリトポリでもある」と発言した。

同氏はまた、人々はルーブルを使いたがらなくなっており、現在、商業の場ではフリヴニャが使われていると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-