ウクライナ南部の港からさらに1隻貨物船がアフリカへ向け出港

ウクライナ南部の港からさらに1隻貨物船がアフリカへ向け出港

ウクルインフォルム
18日、ウクライナ南部オデーサ州のチョルノモルシク港からウクライナの農産物を積んだ貨物船がさらに1隻出帆した。

ブラッチューク・オデーサ州軍行政府顧問がメディアセンター・ウクライナ=ウクルインフォルムにおける記者会見時に発言した。

ブラッチューク氏は、「朝からウクライナの農産物を載せた船が指定の港を出帆した。また、非常に重要なことだが、その他の船が荷積のために私たちのところに向かっている。今日は、4隻が入港するが、その内2隻はすでに入港済みで、それらはウクライナの小麦を載せ、手続き後に定められたルートで出港する」と伝えた。

また同氏は、定められたルートは安全であるとし、またズミーニー島の開放が本プロジェクト開始に重要な要素だったことを喚起し、ウクライナ軍への感謝を伝えた。

また、ウクライナ海洋港運営局は、フェイスブック・アカウントにて、トウモロコシを3万3000トン載せた貨物船「Iマリア」がチョルノモルシク港からの出港を伝えている。同船は、北アフリカの目的地に向かっており、数日後にはエジプトに到着するとのこと。

さらに発表には、穀物イニシアティブの合意達成後、すでにウクライナの食糧を載せた25隻の船がボスポラス方面へと出港したことが伝えられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-