ウクライナの海洋港からすでに約50万トンの農作物出荷=ゼレンシキー宇大統領

ウクライナの海洋港からすでに約50万トンの農作物出荷=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は13日、ウクライナの海洋港から出荷された農産物はすでに約50万トンに上ったとし、ウクライナの穀物が世界の食糧危機を緩和していると発言した。

ゼレンシキー大統領が13日夜の動画メッセージにて発言した

ゼレンシキー氏は、「穀物輸出イニシアティブが結果を出していることが非常に重要だ。その実現開始から、ウクライナの港から穀物を載せた3大陸7か国の船計16隻がすでに出港している。欧州、アジア、アフリカだ。船には、約50万トンのトウモロコシ、小麦、ヒマワリ油粕、大豆、その他世界の市場が絶対的に必要としている農産物が載っている。それはすでに食糧危機の先鋭さを緩和しており、私たちの農産物の消費国に一定の平穏への期待を与えている」と発言した。

同氏はまた、パートナーがウクライナの出荷品と港の安全を保証してくれ、ロシアの挑発とテロを防いでくれれば、食糧危機問題は解消されていき、いずれ世界の議題から完全に取り除かれるだろうと指摘した。

さらに同氏は、現在もピウデンニー港から次の貨物船の出帆が準備されているとしつつ、「過去2週間弱で私たちのオデーサ港、チョルノモルシク港、ピウデンニー港の3港から7月全体の車両での輸出量並、鉄道輸出の3分の2以上並の量を輸出することができたのだ」と指摘した。

同時に同氏は、輸出封鎖解除により人々の雇用が回復できたとし、また来年へ向けた種まきに必要な資金、ウクライナの国家予算への収入も確保されていると強調した。

そして、同氏は、「経済を活性化させることは、勝利への道における絶対条件だ」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-