米国、ウクライナ政府に45億ドルの財政支援供与へ

米国、ウクライナ政府に45億ドルの財政支援供与へ

ウクルインフォルム
在ウクライナ米国大使館は8日、米国政府は米国国際開発庁(USAID)を通じて、ウクライナ政府へと総額45億ドルの直接の予算支援を供与すると伝えた。これは、ロシア侵略によって生じている厳しい予算不足を緩和するものだという。

在ウクライナ米国大使館が発表した

発表には、ウクライナ政府は複数回のトランシュに分けて受け取ると説明されている。最初のトランシュは30億ドルで、2022年8月に送金されるとのこと。大使館は、これらの資金供与は、米議会の主要2党のサポートのおかげで実現可能となったと伝えている。また、送金は世界銀行を通じて行われるという。

また、この供与は、ウクライナ政府が国民へのサービス提供の基本機能を行うことを支援するもので、戦争被害を受けているウクライナ国民への社会・財政支援を含むと書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-