5月初旬にロシアのデフォルトが認定されるかもしれない=偽情報対策センター

5月初旬にロシアのデフォルトが認定されるかもしれない=偽情報対策センター

ウクルインフォルム
ウクライナの国家安全保障国防会議(NSDC)傘下の偽情報対策センターは20日、ロシア発の「ロシア経済は制裁の最初のダメージを耐え抜いた」との情報につき、実際にはロシアのデフォルトは5月に認定される可能性があると指摘した。

20日、偽情報対策センターがテレグラム・アカウントにて報告した

センターは、「制裁とは国家の経済の突然死をもたらすものではなく、制限は連鎖反応を引き起こすものである。4月4日、ロシアは、外貨建国債の償還ができなかった。制裁がなければ、ロシアは1か月間(編集注:の猶予期間)に)ドルあるいはユーロを見つけ、債権者に対して支払うことができたかもしれない。これにより、5月4日、世界がロシアのデフォルトを認定する可能性がある。その次の段階は、国家からの債務の取り立てとなる。それもまた影響を及ぼす」と指摘した。

さらにセンターは、長期化するウクライナとの戦争は、ロシアにとって1日あたり200億ドル超かかる可能性があると予想し、制裁による製造業の縮小とそれに伴う失業を含む、直接・間接の損失が出るだろうとの見方を示した。

また、すでに400以上の国際企業がロシアに対してボイコットを表明し、ロシア市場から撤退したとし、その結果、製品の不足、価格の上昇、従業員の解雇が生じると指摘した。

センターは、これに加えて、欧州連合(EU)や米国がさらなる対露制裁を準備していると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-