ゼレンシキー大統領、キーウ市民の氏への帰還について「働かなければならない」

ゼレンシキー大統領、キーウ市民の氏への帰還について「働かなければならない」

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、キーウ市民はキーウへ戻っても良いのか、との質問つき、治安と経済の両方の要素を考慮しなければならないと回答した。

ゼレンシキー大統領がウクライナ国内の報道機関へのインタビュー時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー氏は、「それには、誰も確実な返事は与えられない。というのも、ロシア人が戻ってくる可能性はあるだろうか? ある。同時に、町を活動させないといけないだろうか? 100%(活動させないといけない)」と発言した。

同氏は、パートナー国に支援を頼まないで済むようになるには、国が稼働し、生きなければならないと述べ、「戦争が続いていたとしても、1発の銃弾も飛ばなくなる時まで待つべきではない、という考えに慣れなければならない。私たち皆そうなって欲しいと思っているが、しかし、様々な展開があり得る。そのため、働かなければならない。私が言いたいのは、経済を回さないといけないということだ。経済なくして、私たちの軍には資金が入らない。(中略)私たちのことを1か月は助けてくれるだろうし、2か月も色々なパートナーが支援してくれるだろうが、永遠に支援があるわけではない。だから、働かなければならない。それが、(キーウへの)帰還についての回答だ」と発言した。

同時に、キーウのクリチコ市長は、キーウへの帰還はまだ控えるよう呼びかけている。クリチコ氏は、軍人が敵のミサイル攻撃の脅威について警告していることを喚起している。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-