戦争によってウクライナ国内に食糧不足は生じない=農業政策省

戦争によってウクライナ国内に食糧不足は生じない=農業政策省

ウクルインフォルム
ウクライナのヴィソツィキー農業政策食糧第一次官は12日、ウクライナ国内市場に食糧不足は生じないと発言した。

ヴィソツィキー第一次官が国内テレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヴィソツィキー氏は、ヘルソン州チョルノバイウカ養鶏場の破壊についてコメントし、鶏卵の輸出の減少はあるとしつつも、「(鶏卵の)国内市場の不足は生じない。同様に、鶏肉や牛乳も(不足しない)」と発言し、鶏肉も牛乳も戦争の影響を受けた減少は10〜15%であり、国内市場の不足が起こる規模ではないと指摘した。

同時に同氏は、今年の悲観的な予想に従えば、農産物が30%失われることになると発言した。他方、同氏は、「ただし、それでもそれは危機的なものではない。なぜなら、私たちは、国内消費のためには私たちは大体30〜40%の穀物・油製品を使用しているからだ」と指摘した。

同氏は、耕地用土地の70%があれば、国内需要を満たすだけでなく、輸出にも回すことができると発言した。

さらに同氏は、今年、西部と中部ではいわゆる「ボルシチ用野菜」と言われる基本野菜の栽培用面積が拡大され、それによって南部・東部の生産減を部分的に補填することになると伝えた。

同氏は、農業政策食糧省の予想では、ウクライナは、海洋港の封鎖が解かれさえすれば、今年も食糧輸出国世界トップ10に残ることができるだろうと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-