G7、ルーブル建支払い拒否 ロシア産ガス

G7、ルーブル建支払い拒否 ロシア産ガス

ウクルインフォルム
ロシアが「非友好国」による天然ガスの購入の際に露ルーブル建て支払いを要求していたことにつき、G7のエネルギー相は28日、この要求を拒否することで一致した。

ハーベック独経済・気候保護相がG7エネルギー相会議の後に発言した。ロイター通信が報じた

ハーベック氏は、「G7全ての閣僚が、それが一方的かつ現行契約への明らかな違反であることに同意した」と発言した。

さらに同氏は、エネルギー相たちは「改めて、締結された合意は有効であること、企業はそれを尊重せねばならないこと、(中略)ルーブル建て支払いは看過し得ないことを確認した」とし、「私たちは、関係企業に対して、プーチンの要求を履行しないよう呼びかける」と発言した。

同氏はまた、「プーチンの私たちを分断させようという試みは明白だ」としつつ、G7には大きな団結と決心があり、「私たちを分断することはできない」と発言した。

これに先立ち、23日、プーチン露大統領は、ロシアは非友好国に対して、ガスの支払いをルーブル建てで行うよう要求すると発言していた。これは、為替市場でルーブルを購入させることで相場を支え、対露制裁の効力を抑える試みと見られていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-