グリーン水素が宇独関係を新しい水準に押し上げるかもしれない=クレーバ外相

グリーン水素が宇独関係を新しい水準に押し上げるかもしれない=クレーバ外相

ウクルインフォルム
クレーバ・ウクライナ外相は、水素経済の発展により、ウクライナはドイツにとっての重要なエネルギー供給国となる歴史的なチャンスが生まれるかもしれないと指摘した。

27日、クレーバ外相がICTV局番組出演時に発言した。

外相は、「グリーン水素のおかげで、ウクライナは、ドイツにとって、ガス分野のロシアのような存在になれるかもしれない。これは本当に歴史的チャンスなのであり、これを無駄にしないことが非常に重要であり、ウクライナとドイツの間の繋がりを作ることが大切だ。それは、ドイツの外政のみならず、内政においても私たちを最前線に押し出すものだ」と指摘した。

なお、これに先立ち、8月22日、メルケル独首相のキーウ(キエフ)訪問時、ウクライナの国営ナフトガス社は、ドイツのガス関連企業RWEサプライ&トレーディング社と水素経済分野の相互理解覚書に署名していた。

欧州連合(EU)は、昨年7月「欧州気候中立を達成するための水素エネルギー戦略」を公表している。同戦略において、ウクライナはグリーン水素の潜在的生産能力とEUとの間の輸送インフラの存在によって優先的パートナーとして挙げられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-