独露間ガスパイプライン使用開始の際のウクライナへの保証は詳細に議論されるべき=クレーバ外相

独露間ガスパイプライン使用開始の際のウクライナへの保証は詳細に議論されるべき=クレーバ外相

ウクルインフォルム
クレーバ・ウクライナ外相は9日、独露間で建設が続くガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」が完成され、利用開始された場合に、ウクライナを通じたロシア産ガスの欧州連合(EU)への輸送を維持するための保証については、詳細な国際的協議の対象とならねばならないと発言した。

ベルリンを訪問しているクレーバ外相がマース独外相との会談後共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

クレーバ外相は、ノルド・ストリーム2はまだ完成しておらず、完成した際のウクライナのための保証は、安全保障関連のものと経済関連のものに分けられるべきだと指摘した。

外相は、マース独外相に対して、ウクライナはドイツの対ウクライナ・サポートの真摯な願望を疑ったことはないとしつつ、「しかし、ロシアが合意を遵守するということに関しては、同国のその能力にも願望にも、私たちは非常に真剣かつ根拠のある疑念を有しているのだ。私たちは、ドイツが保証を与えようとしていることを理解しているし、私たちはその保証を信じている。しかしながら、その保証の一当事者はロシアなのであり、そこにこそ私たちは疑問があるのだ。そのため、私たちは、非常に多くのことを少足に議論しなければならない」と発言した。

これに対して、マース独外相は、ドイツはロシア政権に対して、ノルド・ストリーム2の完成はウクライナ領を通じたロシア産ガスの輸送継続と結びついていることを伝えてきたと指摘した。マース外相は、ノルド・ストリーム2が完成した場合にウクライナの国益保護のためにドイツからの何らかの保証があるのかとの質問に対して、「ドイツ首相が、数年前にプーチン大統領に対して、ノルド・ストリーム2の完成は、ウクライナ領を通じたガス輸送が今後も行われるということと結びついていると明確に伝えている」と発言した。

マース外相は、2019年にウクライナとロシアの間でガス輸送契約を締結した際にドイツが多くの努力を割いたのも、それが理由だと指摘した。

なお、2019年12月31日、ウクライナのナフトガス社は、EUの仲介により、露ガスプロム社と間で5年間のEUへのガス輸送契約を締結していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-