モトール・シーチ社、国内初のジャイロコプター試作品のテスト実施

モトール・シーチ社、国内初のジャイロコプター試作品のテスト実施

写真
ウクルインフォルム
ザポリッジャ市にて、モトール・シーチ社が開発したウクライナ国内初のジャイロコプター試作品のテストが行われた。

開発担当のオレクシー・チルヴァ氏がウクルインフォルムの記者に伝えた。

チルヴァ氏は、「この航空機は、ジャイロコプター、あるいはオートジャイロというものだ。現在世界では、ブームが起きており、ドイツでは毎年この型の航空機を約300機製造している。米国、フランス、イタリアでも製造している。モトール・シーチ社総裁のヴヤチェスラウ・ボフスライェウ氏は、私たちに、オートジャイロの試作品を作れとの課題を出したのだ」と発言した。

写真:ドミトロー・スモリイェンコ/ウクルインフォルム

同氏は、2017年にドイツの展覧会を訪れた際、多くのジャイロコプターを調べ、そこから3年間、4名の従業員でザポリッジャ製ジャイロコプターの製造に携わってきたと伝えた。回転翼部分は、完全に自分たちで開発したものだという。

同氏は、「動機は、時速160キロまで出せる。私たちは現在、ローター改善に取り組んでいる。より速度を上げるため、プラスチックローターを作りたい。ジャイロコプターは、90リットルの燃料タンクが装備されており、800キロメートルまで飛行可能となる。重量は、320キロメートル。高度2500メートルまで上昇可能だ。操縦したパイロットのヴァレリー・クリピンシキーは、非常に快適なものができたと述べていた。私たちは、現在追加作業をしているところであり、登録文書の準備をしているところだ。このクラスのジャイロコプターはウクライナにはない。ボフスラウシキー氏は、この技術の開発を真剣に望んでいたのだ」と発言した。

価格は、6万ドルから10万ドルとなるとのこと。運転免許証の取得には、訓練コースを終えた上で、25時間の飛行が必要だと説明された。

同氏は、将来的にジャイロコプターが自動車の代わりになる可能性もあると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-