ウクライナとスロバキアはノルド・ストリーム2のリスクにつき同見解=ゼレンシキー大統領

ウクライナとスロバキアはノルド・ストリーム2のリスクにつき同見解=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ウクライナとスロバキアは、欧州のエネルギー安全保障と独露間新天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」建設プロジェクトのリスクについて同じ見解を有している。

24日、ゼレンシキー大統領がブラチスラバ訪問中にチャプトヴァー・スロバキア大統領との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「私は、欧州エネルギー安全保障に関して私たちの間で共通の見解があることを嬉しく思う。ノルド・ストリーム2のようなプロジェクトが欧州連合(EU)、その団結にとっての長期的リスクをもたらすとの点でも同意している」と発言した。

同時に、ゼレンシキー大統領は、スロバキアに対して、ウクライナへの天然ガスの逆流供給につき謝意を伝えた上で、スロバキアとの間に、アジア欧州間の輸送路におけるウクライナの輸送能力を最大限活用するとの合意があると発言した。

ゼレンシキー大統領は、「私たちの国々は、西と東の間の重要な輸送の橋であり、私たちが前述の輸送路上に貨物を扱うマルチモーダル・ロジスティックセンターを作れば共通の立場が更に強化されるだろう」と発言した。

また、同日、クリクリー・インフラ相とスロバキアのドレジャル交通建設相は、「シルクロード経済ベルトの枠組みでの協力覚書」に署名している。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-