ウクライナ人に人気の国外就労先はドイツ、ポーランド、チェコ 露選択は9%

ウクライナ人に人気の国外就労先はドイツ、ポーランド、チェコ 露選択は9%

世論調査
ウクルインフォルム
ウクライナ国民の間で国外就労先として人気のある国は、ドイツ、ポーランド、チェコであり、9%のみがロシア連邦を国外就労先として検討している。

2日、インナ・ヴォロセヴィチ研究所Info Sapiens副所長が、同研究所が国際移住機関(IOM)の発注で実施した最新調査「ウクライナ、モルドバ、ベラルーシ、ジョージア:2019」の結果を発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ヴォロセヴィチ氏は、「潜在的移民がどこで働きたがっているかについてですが、ベラルーシ人の間で多かった回答はポーランド、ドイツ、ロシア。ジョージア人は、ポーランド、米国、イタリア。モルドバ人は、ドイツ、イタリア、ロシアでした。ウクライナ人は、ドイツ、ポーランド、チェコでした。過去数回の調査の間、どの国でもロシアの魅力は下がっています。私は、それは肯定的なファクターだと思います。なぜなら、ロシアでは非公式就職がかなり広まっているからです」と発言した。

同氏は、ウクライナ人の間で就労先として人気のある国としては、ドイツと回答した者が43%だとし、これにポーランド(35%)、チェコ(23%)、イタリア(19%)、カナダ(10%)との回答が続いたと指摘した。ロシアと米国と回答した者の割合は、それぞれ9%だと発表された。

ヴォロセヴィチ氏は、「ここには二つのファクターがあります。その一つはロシア経済の低迷で、もう一つはロシアとの戦争です。(中略)ドイツは、私たちから近い国の間で最も給与が高い国です。また、最近、ドイツ側にウクライナの労働者への関心が表れています」と発言した。

同氏は、ロシア連邦での就労への関心のレベルは「ウクライナ東部の戦争開始から、徐々に下がっている」と説明した。

なお、今回の調査は、Info SapiensがIOMの発注にて、ノルウェー外務省の資金援助を受けて、2019年6~8月に実施したものだと説明された。調査手法は、回答者の自宅での個人インタビューの形を取り、ウクライナで2000名、モルドバで1106名、ベラルーシで1051名、ジョージアで1001名に質問したとのこと(ウクライナのみ16歳以上で、他は18歳以上)。ウクライナ、モルドバ、ジョージアでの非政府管理地域を除き、いずれの国でも全国で調査が実施されたと説明された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-