IMF、ウクライナの選挙前のポピュリズムのリスクを指摘

IMF、ウクライナの選挙前のポピュリズムのリスクを指摘

ウクルインフォルム
国際通貨基金(IMF)専門家は、新しい対ウクライナ・クレジット・プログラムのリスクとして、選挙前の時期のポピュリズムを指摘した。

IMFによる新しい対ウクライナ・スタンドバイ・クレジット・プログラムとそれ以前の対ウクライナ拡大信用供与(EFF)合意の分析報告書に書かれている。ウクルインフォルムが入手した。

このIMF報告書には、「特に、ウクライナ東部の紛争が解決していないこと、世界経済の状況が安定していないこと、また、将来の選挙を前に(編集注:ウクライナ国内で)ポピュリズム制作や政治的変化を考慮すると、新しいプログラムのリスクは高い」と書かれている。

同時に、IMFは、積極的な対策がとられていることで、これらリスクが緩和されていることも強調している。緩和要因としては、2019年国家予算の確定、世界銀行と欧州連合(EU)からの新たな財政支援を含む、外部からの改革を支持する大型資金援助が挙げられている。

そして、IMFは、「しかし、プログラムの成功にとって決定的なのは、政府の政策一貫性となる」と強調した。

これまでの報道にあるように、12月18日、IMF理事会は、新しい対ウクライナ・スタンドバイ・クレジット・プログラムの詳細を発表した。同発表によれば、IMF理事会は、総額39億米ドルの対ウクライナの・スタンドバイ・クレジット・プログラムを確定している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-