15日、東部の前線で第92旅団の軍人が狙撃を受け死亡

15日、東部の前線で第92旅団の軍人が狙撃を受け死亡

ウクルインフォルム
15日、ウクライナ東部の統一部隊作戦圏にて、第92オタマン・イヴァン・シルコー記念独立機械化旅団の軍人オレクシー・クチキン氏が敵の狙撃銃による攻撃を受け死亡した。享年24歳。

第92旅団がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「1月15日、私たちの軍の家族の中に大きな悲しみが生じた。仲間を失ったのだ。狙撃手による自治体カシタノヴェに対する直接銃撃の際の銃弾が、上等兵オレクシー・クチキンの頭部に命中。彼は、機械化旅団の上等射撃手であった」と書かれている。

同旅団は、クチキン氏は防衛地点の警備に当たり、敵を見張っていたとし、銃弾が顔に着弾したため、防弾装備は役に立たなかったと伝えた。

その際、同僚が素早くクチキン氏を避難させ病院に運んだが、「奇跡は起こらなかった」と書かれている。享年24歳のクチキン氏は、過去3年間ウクライナ軍に従軍していたと伝えられた。

オレクシー・クチキン氏は、ハルキウ州出身。3か月前に結婚していた。また、1度目の結婚の際の息子が学校に通っているという。

これに先立ち、16日、統一部隊作戦本部は、1月15日にウクライナ東部のロシア連邦占領軍が統一部隊側を11回攻撃し、152ミリ榴弾砲など、大口径火砲による砲撃があり、ウクライナ軍人1名が死亡したことを発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-