ウクライナ情報機関、ロシア軍人の会話を傍受 略奪などにつき発言

ウクライナ情報機関、ロシア軍人の会話を傍受 略奪などにつき発言

ウクルインフォルム
ウクライナ保安庁(SBU)は、ロシア侵略軍軍人とその親族の会話を傍受した。同会話では、軍人はウクライナ北部スーミ州での略奪について話している。

SBUがテレグラム・チャンネルにて発表した

発表には、「このテープでは、ロシア占領者がスーミ州でお店や、ウクライナ住民の家も強盗に入っている。タバコやアルコール飲料、お菓子を探し、住居からノートブック、テレビ、その他の家電を持ち出し、家自体には火をつけている。『戦利品』探しの際には、学校や幼稚園を破壊している。家に持ち帰るために、自動車からタイヤを外している」と書かれている。

傍受されたやりとりに出てくる侵略者の親族は、今後はテレビでプレミア・リーグが映らなくなると文句を言いつつ、ロシアから欧州と米国だけが離れているのであり、全世界ではないだろうなどと発言している。

その点につき、SBUは、「そう、全世界ではない。もしかしたら、北朝鮮の友好的なサポートを期待することが可能かもしれない。そして、それが助けになることもまずなかろう。なぜなら、獰猛な行為は、文明世界の法律により裁かれるからだ。完全に!」とコメントした。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-