ベラルーシ特別機関による著名記者等の殺害計画を示す音声記録公開=報道

ベラルーシ特別機関による著名記者等の殺害計画を示す音声記録公開=報道

ウクルインフォルム
2016年にキーウ(キエフ)市内にて爆殺された著名記者パウロ・シェレメート氏の殺害について、ベラルーシ政権の秘密機関が2012年に時点に殺害可能性を議論していたことを示す音声記録が公開された。

シェレメート記者が所属していたウクラインシカ・プラウダ通信がベラルーシ野党勢力「ベラルーシ人民法廷」とベルギーのEUオブザーバー通信の情報をもとに報じた

ウクラインシカ・プラウダ通信がベラルーシ野党勢力から受け取った音声記録は、2008年から2012年にかけてのベラルーシ国家保安委員会(KGB)のヴァジム・ザイツェフ(ザイツァウ)の発言のものだという。

記録では、当時ロシアに滞在し、同国にて活動していたパウロ・シェレメート氏の殺害手段を議論している様子が聞かれる。

さらに、同記録では、2012年にベラルーシKGBが諸外国にてその他のベラルーシ人政治対立者を排除する作戦を準備していたことを示す内容が聞かれる。ザイツェフ氏は音声にて、対立者の殺害計画は、アレクサンドル・ルカシェンコ当時ベラルーシ大統領本人がKGBに対して出した課題であり、計画実行のために150万ドルを割いたと述べている。

さらに、目的達成の手段として毒、爆発物、車両破壊といった殺害方法が議論されている。

シェレメート氏殺害の他には、ドイツに滞在していたオレグ・アルカイェフ(アレフ・アルカイェウ)氏(ベラルーシの拘置所元所長)、ウラジーミル・ボロダン(バラダン)氏(元大佐)、ヴャチェスラフ(ヴャチェウラウ)・ドゥドキン氏(元国家汚職対策問題代表)の殺害計画も議論されている。

EUオブザーバーの要請を受けて、同音声記録を分析したカタリン・グリゴラス米国家メディア犯罪学センター(コロラド大学)分析員は、同記録からはデジタル署名が消されているとし、それがあれば特定が容易になっていたと述べつつも、同時に音声記録内には、音声改ざんの痕跡は一切見つかっていないとも指摘した。

加えて、パウロ・シェレメート氏の追跡が行われていたことを示す文書も公開された。

なお、ウクラインシカ・プラウダ通信などで活動していたベラルーシ出身のパウロ・シェレメート記者は、2016年7月20日、キーウ市内にて、乗っていた自動車の爆破により殺害されている。2019年12月12日、アヴァコウ内務相は、容疑者として、ユリヤ・クジメンコ(医師)、ヤナ・ドゥハリ(衛生兵)、アンドリー・アントネンコ(反テロ作戦参加経験者)を拘束したことを発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-