ウクライナ各地でロシア軍発射のミサイル着弾

ウクライナ各地でロシア軍発射のミサイル着弾

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略戦争を継続するロシア軍は、10日未明と朝に同国各地へとミサイル攻撃を行った。

南部ザポリッジャでは、クルチェウ州軍行政府長官代行が、テレグラム・チャンネルにて、ザポリッジャ複数地域にて着弾があったと伝えた

クルチェウ氏は、「ザポリッジャの複数地区への大規模ミサイル攻撃の結果、電力インフラ施設と産業インフラ施設が損傷した。施設では、屋根、窓、倉庫、正面、フェンスが損傷し、飛来で火災が発生した。幸いなことに、死傷者は出ていない。(中略)民間インフラでは、今判明しているのは、爆風で集合住宅の窓が割れたこと、教育施設と文化施設が損傷したことである。現時点でザポリッジャ市内の一部で停電、また暖房提供にもいくらか問題が生じている」と伝えた。

東部ドネツィク州では、キリレンコ州軍行政府長官が、テレグラム・チャンネルにて、同日未明のミサイル攻撃により、住宅と企業が損傷し、負傷者が出たと伝えた

キリレンコ氏は、「未明、ドネツィク州は多くのミサイル攻撃を受け、スロヴヤンシクでは企業と集合住宅が、コスチャンティニウカでは産業施設と温水パイプが、クラホヴェでは企業が損傷した」と伝えた。また、ヴォルノヴァハ方面では、ヴフレダルが恒常的な砲撃を受けており、ボホヤウレンカでは建物1軒が損傷、クラスノホリウカでは3階立て住宅が損傷、マルインカが砲撃を受けており、未明と朝、アウジーウカが多連装ロケットシステム「グラート」の砲撃を受けたと伝えた。

バフムートでは民間人3名が負傷、2軒の建物が損傷、プレドテチネでは1名が負傷したという。

中部フメリニツィキー州では、シムチシン・フメリニツィキー市長がテレグラム・チャンネルにて、市内で爆発音が聞こえた年、電力供給が止まる可能性を伝えた

東部ハルキウ市では、テレホウ市長がテレグラム・チャンネルにて、10日未明に続き、朝10時頃に市内重要インフラへのミサイル攻撃があったと報告した。テレホウ氏は、同日市内では停電やその他公共サービスの中断があるかもしれないと伝えた。

シニェフボウ・ハルキウ州軍行政府長官は、未明のハルキウ市内へのミサイル攻撃により、インフラ施設で火災が発生したと伝えた。ミサイルは、暫定情報でS-300のものだという。

西部リヴィウ州では、リヴィウ州軍行政府がテレグラム・チャンネルにて、州内で防空システムが稼働していると伝えた

電力会社「ウクルエネルホ」は、フェイスブック・アカウントにて、現在のミサイル攻撃の結果、東部と南部と西部で電力インフラ施設への着弾があると報告した

同社は、「残念ながら、東部、西部、南部の地域にていくつかの高圧電力インフラへの着弾があり、それにより複数の州で停電が生じている」と伝えた。

また同社は、「攻撃のあり得る被害を最小化し、電力システムを維持するために、ウクルエネルホ社は、必要な予防措置を取り、緊急停電を行っている」と伝えた。

これに先立ち、10日朝、キーウ市とキーウ州で爆発音が聞こえた。行政府は、防空システムの稼働を報告した。

また、ロシア軍は、10日未明にも、ウクライナ各地に対して巡航ミサイルと自爆型無人機「シャヘド」で攻撃を行っていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-