29日の露軍攻撃のミサイル数は69弾 内54弾をウクライナ軍が撃墜 キーウ市で負傷者3名

29日の露軍攻撃のミサイル数は69弾 内54弾をウクライナ軍が撃墜 キーウ市で負傷者3名

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ軍参謀本部総作戦局のフロモウ副局長は、29日にロシア軍がウクライナに対して発射したミサイルは69弾、内ウクライナ側は54弾を撃墜したと報告した。

フロモウ副局長が記者会見時に発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フロモウ氏は、「敵は、空と海から発射される巡航ミサイル、対空誘導ミサイル、S-300、S-400対空ミサイルシステムを東部、中部、西部、南部地域のエネルギー・インフラ、重要インフラ施設に対して発射した。69弾のミサイルが使用された。防空戦力・システムが54弾を破壊した」と伝えた。

クリチコ・キーウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、キーウ上空では16弾のミサイルが撃墜されたと報告した

またクリチコ氏は、今回の攻撃にて「現時点で、3名がキーウで負傷した。14歳の少女も含まれる。皆が病院に送られた」と書き込んだ。

同時に、国家非常事態庁は、テレグラム・チャンネルにて、キーウ市のミサイル攻撃の被害を報告した

同庁は、「12月29日朝、ウクライナ国家非常事態庁キーウ市総局作戦調整センターに、ダルニツィキー地区、ペチェルシキー地区、ソロムヤンシキー地区、ホロシーウシキー地区の複数住所への着弾の通報が入り始めた。ダルにツィキー地区の1住所では、撃墜された敵のミサイルの破片の落下で、2階建ての面積100平方メートルの集合住宅で火災と破壊が生じた。火災は鎮火された。別の住所では、建物の屋根が破壊、火災は生じず。救助隊到着前に2名が救出されていた。医療班が現場で支援し、病院へ搬送した。また現場で救助班を呼んだ14歳の女の子が病院へ搬送された。救助班は、捜索活動、緊急救助活動を続けている」と書き込んだ。

また、ティモシェンコ宇大統領府副長官も、テレグラム・チャンネルで、キーウ市ダルニツィキー地区へのミサイル着弾現場の写真を公開した。

南部オデーサ州のマルチェンコ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、ウクライナの防空部隊がオデーサ州上空で21弾のミサイルを撃墜したと報告した

同時に同氏は、撃墜されたミサイルの破片が住宅に着弾したとも伝え得た。犠牲者は出ていないとのこと。

また同氏は、エネルギー・インフラ施設へのミサイルの着弾もあったとし、オデーサ州では緊急停電が導入されたと伝えた。

東部ハルキウ州のシニェフボウ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、ハルキウ市の2地区の重要インフラがロシア軍に狙われたと報告した

シニェフボウ氏は、「ハルキウとハルキウ州が敵のミサイルの攻撃を受けた。暫定的に、4弾のミサイル、おそらくS-300のもの、がネミシュリャンシキー地区とオスノヴヤンシキー地区に飛来した。狙われたのは、重要インフラだ。現場では救助隊が活動している。破壊や犠牲者の情報は確認中だ」と伝えた。

これに先立ち、ウクライナへの侵略戦争を続けるロシア軍は29日朝、同国各地に対して大規模なミサイル攻撃を行った

首都キーウ市では、複数回の爆発音が聞こえた。現時点では全土で空襲警報は解除されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-