23日露軍ミサイル攻撃によりウクライナの死者6名、負傷者36名 ミサイルは70弾中51弾撃墜

23日露軍ミサイル攻撃によりウクライナの死者6名、負傷者36名 ミサイルは70弾中51弾撃墜

写真
ウクルインフォルム
11月23日のロシア軍のウクライナ各地に対するミサイル攻撃の結果、ウクライナの民間人が6名死亡、36名負傷した。

クリメンコ宇国家警察長官がテレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クリメンコ氏は、警察は現時点で、16の施設へのミサイル着弾を確認したとし、「特にキーウ州では、ヴィシュホロドの建物への着弾が確認できる。3名が死亡、20名が負傷した。ウクライナ全体では、国民6名の死亡、36名の負傷を確認した。これは、ロシアの夕方と昼の砲撃だけに関するものだ」と発言した。

キーウ州へのミサイル着弾被害 写真:国家非常事態庁、ニェビトウ・キーウ州警察長官

同時に、ウクライナ空軍は、テレグラム・チャンネルにて、同日ロシア軍の巡航ミサイルを70弾中51弾撃墜し、無人機も5機撃墜したと発表した

ウクライナ空軍は、「11月23日、テロ国家はまたしても、ウクライナの重要インフラ施設に対して、戦略機と黒海の艦船から大規模なミサイル攻撃を行った」と伝えた。

同軍は、ミサイルは、露ロストフ州ヴォルゴドンスク地区とカスピ海のTu-95ms、及び黒海の小型ミサイル艇2隻から発射されたとし、さらに発射されたのはKh-101/Kh-555とカリブルで計70発、内51発を撃墜したと発表した。

また、ランセット社の攻撃無人機5機も撃墜したと伝えた。

これに先立ち、11月23日、ロシア軍が、再びウクライナの電力インフラを攻撃していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-