ロシア軍、占領下ウクライナ南部のクリミア・ヘルソン州間に複数塹壕設置

ロシア軍、占領下ウクライナ南部のクリミア・ヘルソン州間に複数塹壕設置

写真
ウクルインフォルム
ロシア軍は、占領するウクライナ領南部のクリミアとヘルソン州の間で、新たに塹壕を掘ったり、以前掘ったものを刷新したりしている。

9日、公開情報分析専門家のベンジャミン・ピッテト氏が、ツイッター・アカウントで、スカイサトの衛生写真を参照して報告した

ピッテト氏は、8月12日から10月8日までの期間、ロシアがクリミアとヘルソン州の間の「チョンハル」検問地点(ヘルソン州南東部)で、古い塹壕を再生し、また新たに塹壕も作ったと報告した。

同氏はまた、クリミア北西部のアルミャンシク近郊でも同様の状況が見られるとし、古い塹壕が再生され、新しいものも掘られたと指摘した。衛星写真では、パワーショベルにて新たな塹壕が掘られている様子が見える。

さらに同氏は、同地点よりさらに北の地点でも防衛拠点が設置されているとし、例として、ノヴォトロイツィケ(ヘルソン州南部)にて、巨大な防衛拠点が掘られていると報告した。同氏は、その他多くの陣地が地域全体にて見られるとし、「彼らは要塞を建設している」と指摘した。

これに先立ち、ロシア軍にてウクライナでの軍事作戦を指揮しているスロヴィキン司令官が9日、ショイグ露国防相に対して、占領するウクライナ南部ヘルソン州の州都ヘルソン市を含むドニプロ川右岸からの撤退を提案。これを受けて、ショイグ露国防省は、同提案に同意した上で、部隊の撤退を命令したことが報じられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-