ウクライナ東部ドネツィク州マルインカの全住民の避難完了

ウクライナ東部ドネツィク州マルインカの全住民の避難完了

動画
ウクルインフォルム
ロシア軍からの激しい攻撃が続くウクライナ東部ドネツィク州マルインカ市では、警察の支援により、全住民の避難が完了した。

3日、ウクライナ国会警察が発表した

発表には、「マルインカは、敵の直接攻撃に常にさらされている。同市には、無傷の建物は1つもない。8か月間の全面戦争の間、警察の『白天使』隊は、砲撃の中、人々を脱出される支援をしてきた。現在、マルインカには、民間人は残っていない」と書かれている。

また、隣接するクラスノホリウカ市では、ロシア軍が昼夜問わずに砲撃を行っているとし、警察のデータでは、まだ約800人の住民が同市に残っているという。

クラスノホリウカ市には、水、電気、ガスの供給が止まっており、警察官は同市住民の避難、負傷者救出、通報される不発弾の対応、人道支援の配布を行っているという。

警察は、クラスノホリウカの困難な状況を考慮して、市民に対して、避難を行うよう改めて要請した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-