ウクライナ、ロシア拘束からさらに52人の軍人・民間人を解放

ウクライナ、ロシア拘束からさらに52人の軍人・民間人を解放

写真・動画
ウクルインフォルム
29日、ウクライナとロシアの間で、新しい被拘束者交換が実施され、ウクライナ側には50人の軍人と2人の民間人が解放された。

イェルマーク大統領府長官がテレグラム・チャンネルにて報告した

イェルマーク氏は、「私たちの人々が家へ帰ってきている。さらなる被拘束者交換を行った。私たちの人々52名を解放させることができた。将校、衛生兵、曹長、兵士だ。内訳は、アゾフ連隊隊員2名を含む国家警護隊隊員12名、海軍から18名、国境警備庁から8名、領土防衛部隊から9名、陸軍軍人3名、民間人2名である」と伝えた。

同氏はまた、帰還するのは、マリウポリ防衛戦参加者、同市製鉄工場「アゾフスタリ」防衛者だと述べ、また、アゾフスタリにいたマリウポリ市軍病院外科医長と、第65野外病院の軍医も解放できたと伝えた。

さらに同氏は、「わたしたちは、最近解放された女性の配偶者の海軍歩兵や、象徴的な苗字『モスクワ』を持つマリウポリの志願兵、ズミーニー島の海軍軍人を取り戻すことができた。また、チョルノービリ圏で拘束された軍人数名も家へ戻る。私たちは止まらず、大統領による『全てのウクライナ人を家へ帰す』という課題を遂行し続ける」と強調した。

また、同日、ウクライナ保安庁(SBU)も、同解放時の動画・写真を公開した

ゼレンシキー大統領は、同日夜の動画メッセージにて、今回の解放に言及しつつ、「3月時点から、すでに合計で1031名がロシアの拘束から解放された。この結果につき、チーム全体に感謝している」と発言した

同氏はまた、「私たちは、ロシアや被占領地にて拘束されている皆のことを覚えており、一人一人の男性女性を取り戻すためにあらゆることを行う」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-