ヘルソン解放作戦は11月末まで続く可能性あり=ウクライナ軍情報機関トップ

ヘルソン解放作戦は11月末まで続く可能性あり=ウクライナ軍情報機関トップ

ウクルインフォルム
ウクライナ国防省傘下情報総局のブダーノウ局長は、ロシアによる占領の続くウクライナ南部ヘルソンの解放作戦は、11月末まで続く可能性が大きいと発言した。

ブダーノウ局長がザ・ドライブへのインタビュー時に発言した

ブダーノウ氏は、現在ヘルソンには、ロシア軍の最も訓練され、最も戦闘能力のある部隊が駐留していると述べ、その多くはロシア軍の空挺部隊、特殊部隊、海兵だと指摘した。同氏は、これらがヘルソンに駐留する部隊の中核部分を担っており、そこに動員された兵力が足されていると指摘した。

同氏はさらに、ヘルソン方面のロシア軍の兵力はおよそ4万人だと発言した。

その他同氏は、ロシア軍がカホウカ水力発電所を爆破する可能性について、「私たちの評価では、もしそのような決定(水力発電所爆破の決定)が下されたとしても、彼らは、私たちの交通手段による通行を不可能とするために、ダムを通る道と水門だけ爆破するだろう」と発言した。同氏はまた、爆破の決定が採択されるとしたら、ウクライナ軍がヘルソンを奪還し、ロシア軍が撤退を決定した時だろうと指摘し、「彼らは、撤退後に、私たちの東岸への移動を妨害するために、西岸から爆破をし始める可能性がある」と指摘した。

加えて同氏は、現時点では、ベラルーシからの侵攻の脅威はないと述べ、その理由として、ベラルーシ領にいるロシア軍の兵力が4300人しかいないことを指摘した。同氏は、「重火器(の数)の観点からと、人員の大半、80%が、動員された兵員から構成されていることから、その集団は(能力が)非常に限定されている。つまり、総括すると、現時点で、ベラルーシ方面からの侵攻の脅威はないと言える」と発言した。

同時に同氏は、状況は、ロシアがヘルソンを失ったら、非常に迅速に変わり得るとも指摘した。同氏は、ロシア軍がヘルソンから撤退した後、戦闘能力のある集団がザポリッジャ方面へ移動することになるし、その一部が北方、ベラルーシへと移動する可能性があり、そうなれば脅威が生まれると指摘した。同氏は、「そのため、私たちは、その点に注意しておかねばならない」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-