過去1か月でウクライナの危険地域から8万人以上の住民が避難

過去1か月でウクライナの危険地域から8万人以上の住民が避難

ウクルインフォルム
ウクライナの一時的被占領地再統合省は17日、過去1か月間で危険な地域や一時的被占領地から避難したウクライナ国民の数は8万人以上だと伝えた。

再統合省がテレグラム・チャンネルにて伝えた

発表にて、ボロダイ一時的被占領地再統合次官は、「ウクライナ国民は避難に対してより意識的に向き合いつつあり、自らの命、家族の命を大切にしている。それに対して、私たちは、避難民を適切な条件の整っている環境へ送り、人々にあらゆる必要なものを提供できるようあらゆることを行っている。避難して欲しい。私たちはあなた方を待っている! あなた方が苦しみや孤独に放置されることはない」と強調した。

同省のデータによれば、過去1か月で東部ドネツィク州からの義務的避難で同州を離れた人の数は1万7000人強で、内約3000人が児童だという。

また、南部ヘルソン州の特に危険な地域からの避難者は2万4000人強、ハルキウ州からは5000人以上、ザポリッジャ州からは3万人以上の住民が避難したとのこと。

写真:国家非常事態庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-