ウクライナ南部クリヴィー・リフのダム修理へ 浸水被害は除去=大統領府

ウクライナ南部クリヴィー・リフのダム修理へ 浸水被害は除去=大統領府

ウクルインフォルム
17日、ウクライナ大統領府は、南部クリヴィー・リフでロシアのミサイル攻撃により112軒の建物で生じた浸水被害は解決されたと発表した。また、破壊されたダムの修理は近々完了するという。

ティモシェンコ大統領府副長官がテレグラム・チャンネルにて伝えた

ティモシェンコ氏は、「全ての地点で水位は、危機的指数は超えていない。水位の低下は全域で観察されている。私が以前書いた建物の浸水は解決された」と書き込んだ。

また同氏は、ロシアのミサイルで破壊されたダムの修理は続いているが、それはもう住民の安全に影響を及ぼさないとし、修理自体もまもなく終了すると伝えた。

これに先立ち、14日17時頃、ロシア軍は、クリヴィー・リフと近郊を巡航ミサイルKh-101で攻撃。この大規模な攻撃により、重要インフラ、交通インフラが破壊され、とりわけダムに深刻な損傷が生じていた。

これにより、インフレ川の水により一部の地域で建物の浸水が発生し、一部住民が避難をしていた。

15日、ロシア軍は、再びクリヴィー・リフをミサイルで攻撃している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-