ロシア軍、ハルキウを夜間2回ミサイル攻撃 死者9名、負傷者31名

ロシア軍、ハルキウを夜間2回ミサイル攻撃 死者9名、負傷者31名

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面的侵略を続けるロシア軍は、17日から18日にかけての夜間にウクライナ東部の主要都市ハルキウを2度にわたってミサイル攻撃を行った。民間人死者数は計8名、負傷者は31名に上っている。

国家非常事態庁は、1回目のミサイル攻撃につき、「17日21時40分、国家非常事態庁にハルキウ市に敵の攻撃により3階建て住居施設にミサイルが着弾したとの通報が入った。23時38分、火災は抑え込まれた。部分的火災の鎮火と瓦礫の下からの人々の救出が続いている。7名が死亡、13名が負傷(内4名は国家非常事態庁の部隊が救出)」と報告した。

写真:国家非常事態庁・公共放送局

ゼレンシキー宇大統領は、このミサイル攻撃につき、フェイスブック・アカウントにて、「ハルキウのサルチウカ地区について耳にする時は、また痛みについてだ。ウクライナ全体を巡る痛み、ハルキウを巡る痛み。寮へのミサイル攻撃…。建物は木っ端微塵にされた。正確な死傷者数を確認している。一切正当化できない卑劣で冷笑的な民間人への攻撃であり、侵略者の無力を示すものだ。許さない。復讐しよう」と書き込んだ。

その後、テレホウ・ハルキウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、ロシア軍が18日4時台にハルキウへのこの夜2回目となるミサイル攻撃があったと報告した

テレホウ氏は、「4時32分に最初の、それから少なくとも4発のミサイル攻撃がハルキウにあった。飛来があったのは、スロビツィキー地区とホロドノヒルシキー地区だ。1か所ではミサイル着弾で火災が発生した。情報はまだ確認されている。爆発は5件以上あり、着弾の地理はもっと広いかもしれない」と書き込んだ。

シニェフボウ・ハルキウ州軍行政府長官は、2回目のミサイル攻撃につき、「4時30分頃、敵がさらに8発のミサイルをベルゴロド市からハルキウ州に向けて放った。(中略)スロビツィキー地区では、ミサイルの1つが4階建ての寮に着弾した。建物は部分的に崩壊。現時点で、2名が死亡、18名が負傷、内2名は児童だ」と書き込んだ

シニェフボウ氏はまた、ハルキウ州クラスノフラド市も18日4時頃に敵のミサイル攻撃を受けて、民間人2名が死亡、2名が負傷したと報告している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-