ウクライナ外務省、外国人宇兵捕虜に対するロシアの「裁判」を無効と指摘

ウクライナ外務省、外国人宇兵捕虜に対するロシアの「裁判」を無効と指摘

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は16日、被占領下ウクライナ領のロシア占領政権裁判所による、拘束されたウクライナ軍所属の外国人兵に対する「裁判」は無効であるとの認識を示し、ロシアがまたしても戦時国際法に著しく違反している証拠となっていると指摘した。

ニコレンコ宇外務報道官がツイッター・アカウントで指摘した

ニコレンコ氏は、「ドンバスにおけるロシアのがウクライナ軍所属の外国籍者と医療従事者に対する偽裁判は、無効である。それは、ロシアが戦時国際法に著しく違反していることを示すさらなる証拠である。国際人道法は、全ての捕虜と拘束された民間人全員へと適用されねばならない」と伝えた。

これに先立ち、ロシアの占領するドネツィク州、いわゆる武装集団「DPR」支配地域にて、8月15日、ロシア側に拘束された英国、スウェーデン、クロアチアの外国籍者5名に対する「裁判」が始まったことが伝えられていた。

ロシアメディアによれば、5名には「傭兵業」従事、テロの準備、「DPR政権の暴力的奪取と憲法秩序の変更」を目的とした行為、その他傭兵の雇用支援といった「容疑」がかけられているという。また、ロシアメディアは、5名に死刑判決が言い渡される可能性があるとも報じている。

なお、ウクライナ軍に従事する外国籍者はウクライナ正規軍に所属して戦闘に参加しているが、ロシア側は彼らを「傭兵」であるとし、拘束した場合に捕虜の地位が適用されないと主張している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-