ウクライナ軍、南部ヘルソン州の橋への攻撃を認める

ウクライナ軍、南部ヘルソン州の橋への攻撃を認める

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ軍南部司令部「ピウデン(南)」のフメニューク報道官は14日、ウクライナ軍が被占領下南部ヘルソン州のアントニウシキー橋を再び攻撃したことを認めた。

フメニューク報道官がテレビ番組出演時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フメニューク氏は、「アントニウシキー橋のステータスを『通行不可』と確定すべく、もう一度同橋へと攻撃が加えられた」と発言した。

同氏はまた、ウクライナ軍は一時的被制圧下領土における敵の輸送・ロジ動脈を攻撃支配下に捉え続けていると指摘した。

さらに同氏は、現在ヘルソン市近くのドニプロ川右岸の重機材の通行、弾薬の輸送は「不可能に近いほどに困難」だと指摘した。今回の橋への攻撃の結果は確認が続いていると発言した。

同氏はまた、ヘルソン州のロシア軍の軍から大隊までの指揮官たちは、現在残された移動手段を使ってドニプロ東岸へと避難していると発言した。

アントニウシキー橋への攻撃の様子として拡散された動画

これに先立ち、14日未明、ヘルソン市に隣接するアントニウカ町にて爆発音が聞こえたと伝えられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-