「ロシアとの協議はウクライナのパートナー国が参加した場合のみ可能」=レズニコウ宇国防相

「ロシアとの協議はウクライナのパートナー国が参加した場合のみ可能」=レズニコウ宇国防相

ウクルインフォルム
ウクライナのレズニコウ国防相は、ウクライナとロシアとの協議は、ウクライナのパートナー国も席に着く場合のみ可能だとの見方を示した。

レズニコウ国防相がウクラインシカ・プラウダ通信へのインタビュー時に発言した

レズニコウ氏は、「(いわゆる)『住民投票』が行われた場合、私たちは、以降、一切の協議なるもについて話さない。協議がなくなるのだから、何らかの協議上の立場に評価を与えることには意味がなくなる。しかし、私は言いたいのだが、ロシア人との協議のためのチャンスが可能となるのは、私たちのパートナーたちが席に着くという条件下においてのみである。なぜなら、ロシア人と話をして、『ミンスク3』を得ることには、全く意味がないからだ」と発言した。

なお、ウクライナとロシアの代表団による対面式の和平協議は、3月、イスタンブルに行われたものが最後となっている。

ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、ウクライナにおいてロシアが多くの戦争犯罪を行ったことから、イスタンブルでウクライナが提示した通称「イスタンブル・コミュニケ」へと立ち戻ることはもはや不可能だとの見方を示している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-