ロシア軍、ウクライナ南部ニコポリ地区を砲撃 住民13名が死亡

ロシア軍、ウクライナ南部ニコポリ地区を砲撃 住民13名が死亡

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面的侵略を続けるロシア軍は10日、ウクライナ南部ドニプロペトロウシク州ニコポリ地区を多連装ロケットシステム「グラート」で砲撃し、その結果、住民13名が死亡した。

レズニチェンコ・ドニプロペトロウシク州軍行政府長官がテレグラム・アカウントにて同砲撃について伝えた

レズニチェンコ氏は、「悲劇的な夜だ。ニコポリ地区にて、ロシア軍が人々を11名殺し、13名負傷させた。敵は、グラートにて、同地区を2回砲撃した。住宅地に対して、80弾の砲弾を放った。意図的かつ卑劣に、人々が自宅で寝ている時に攻撃したのだ」と書き込んだ。

着弾したのは、同地区のマルハネツとミロヴェ共同体だとし、発表時点の死者の内10名がマルハネツ住民だとし、他に行政庁舎、文化会館、寮、学校2軒、市議会庁舎などが破壊され、また電線が断線したことで数千人の市民が停電被害を受けていると伝えた。

また、同氏はその後、住民死者数は13名に増え、負傷者数は11名、内5名が重傷だと伝えた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-